山田光・どびん 白磁艶消

1960年代初頭に発表されて以来、形を変えることなく制作されているロングセラーの土瓶です。

デザインを手がけたのは山田光。戦後まもなく京都で八木一夫や鈴木治らとともに前衛陶芸家のグループ「走泥社」を結成。焼き物による立体造形を追究してきた陶芸家です。

山田光は1923年に東京で生まれ、関東大震災の混乱を避けるため岐阜市に疎開します。岐阜市内の中学校を卒業した後は京都高等工芸学校(現・国立京都工芸繊維大学)に入学。陶芸家の父(山田てつ)のもとで修業を積みます。当初は中国古陶磁の写しなどに取り組んでいましたが、やがて伝統的な焼き物の技法を応用したオブジェ(立体造形)の制作に挑戦するようになります。

一方で実用的なクラフト作品も多く手がけており、自宅工房に「門工房」を開設。新時代のクラフトの創造を目指して「現代工芸協会」を結成。走泥社の東京展では毎年クラフト展が併催されていました。

ダイナミックなオブジェとは対照的に、山田光が手がけた一連のクラフト作品は、静かで飾り気のない美しさに満ちあふれています。この土瓶も代表作のひとつ。ミニマルなデザインですが、あたたかみがあり、飽きることがありません。

時代を超えて愛され続ける名作クラフトでティータイムを楽しんでみませんか。



作者
山田光
素材
磁器
サイズ
直径約12×高さ約13.5cm(注ぎ口、持ち手含まず)
重量
約495g
容量
約670ml(8分目で計測)
製造国
日本

注意事項
※掲載品は店頭にも陳列しています。売り切れの場合はご容赦ください。
※写真の湯飲み、茶托は付属しません。
※外箱は付属しておりません。あらかじめご了承ください。
販売価格
9,720円(税720円)
購入数