[送料無料]秋岡芳夫・あぐらのかける男の椅子


デザインはそのままに座り心地を耐久性をさらに向上


日本人の座の暮らしを意識して秋岡芳夫がデザインした"LDチェア"の傑作です。LDとはリビングダイニングの略。通常のダイニングチェアより座高が5~10兪宛紊板磴設定されたリビングダイニング兼用の椅子を指します。

リビングにソファを置くのをやめて、ダイニングの椅子で食後もくつろぐことができれば、狭い部屋を広々と使える——そんなことからロースタイルのダイニングセットがここ数年で徐々にふえています。

秋岡芳夫とグループモノ・モノがロースタイルの椅子やテーブルを提案したのはいまから30年以上前のこと。一机多用、一椅多用(いっきたよう)をキャッチフレーズに、「ひとつのテーブルや椅子を用途を限定せず、多目的に使おう」という提案をモノ・モノはずっと続けています。



以下は秋岡芳夫の著書『暮らしのためのデザイン』(新潮社・1979年発行)からの抜粋です。


いまのLDKの家具の数、多すぎます。一つでもいいから減らして広々と住みましょう。まずテーブル。ダイニング用とリビング用をわけないでひとつで兼用しましょう。高さが61~63僉憤貳姪なダイニングテーブルより10cmほど低い)の大き目のテーブルなら「一机多用」。食事・団らん・一杯(晩酌のこと)・書きもの、すべてがひとつで間に合います。

そのテーブルに高さを合わせて、座面高38センチ前後で、肘がなくて座のクッションが硬めの椅子を選べば、この椅子も「一椅多用」。リビングにもダイニングにも兼用できます。この一机多用なテーブルと一椅多用な椅子を組み合わせて使うことで、部屋がぐんと広くなります。またいままで通りにくかった椅子のうしろがらくらく通れるようにもなるのです。

一椅多用に使う椅子の座は思い切り広いのがいい。「座布団ぐらいないとゆっくり腰掛けていられないよ」と、十数年大きな椅子でくらして来た経験から、ぼくは椅子を買う相談に来た人に教えています。「バーカウンターの腰掛けみたいなんじゃあなくて、ご飯も大きな椅子でたべたほうがおいしんだ」と。

※カッコ内はモノ・モノの注釈

男の椅子
背もたれの製作風景。表面の微妙なカーブや角の部分は豆カンナで仕上げる。


そんな秋岡芳夫の提言を具現化した「あぐらのかける男の椅子」が発表されたのは1980年。今回メーカーを移管したのをきっかけに、35年ぶりに仕様を見直し、座り心地と耐久性をさらにアップさせました。具体的な改善ポイントは、こちらのページをごらんください。


座面の張り地は、以前と同じツイード調の生地を採用しました。ニュージーランド産のウールが70%も含まれているので、吸湿性に富み、耐久性にもすぐれています。さまざまな張り地を取り寄せて検討した結果、もっともこの椅子に似合うのが、手つむぎのような風合いを持つこの生地でした(カラーはベージュの1色のみ)。

製作するのは、埼玉県のヒノキ工芸。特注家具を得意とする少数精鋭の職人集団です。高級家具ブランドのOEMにはじまり、高級旅館、クルーズトレイン、皇室方のお車の内装にいたるまで、仕事は多岐にわたります。そのため創業時から分業制を廃し、多能工を育てる独自の経営方針を貫いています。この椅子もひとりの職人が一脚の椅子を最後まで仕上げるマイスター方式で作られています。材料の加工には機械を使いますが、フレームの表面や角の部分は、昔ながらに手道具(豆カンナ)で仕上げます。

素材は岩手県産のクリ材。タンニン分を多く含むクリは経年変化が比較的早く、10年、20年使い込むとうつくしいアメ色(光沢のあるブラウン)に変化します。クリは固く、水に強いため、かつて線路の枕木に使われていたほど丈夫な素材です。

欧米では家具は親から子、子から孫へひきがれる大切な財産だとされています。お値段は少し張りますが、自宅にいるときくらい、「ひとりでのびのびと座れる椅子」で、ゆっくりとした時間を過ごませんか。

デザイナー
秋岡芳夫
製造元
モノ・モノ
素材
本体:天然木(岩手県産クリ材・オイル仕上げ)
張り地:ウール70%・ナイロン30% クッション:ウレタンフォーム
サイズ
幅80×奥行き56×高さ62cm(座面高35cm)
重量
約6.3kg
製造国
日本
納期
3〜4週間

注意事項
※天然木のため、木目や色合いが一点一点異なります。
※クリ材の宿命として、直径1~2ミリの黒い小さな斑点(極小の節)が所々に入ります。
※オイル仕上げの家具の特性として、長時間水滴が付着するとシミになることがあります。
※木材が反るのを防ぐため、エアコンやファンヒーターの近くでの使用はお控えください。
※製造元より西濃運輸でお送りします。夜間の配達時間指定はお受けできません。


販売価格
113,400円(税8,400円)
購入数